保険会社サポート・ロードサービスのメリットとデメリット

バッテリー交換時期を延ばす方法と満充電状態を保つ注意点

最近はJAFさんと同じ様なロードサービスが付いている自動車任意保険が登場しており、毎日の様にテレビCMでも見かけるようになりました。

保険会社サポートのロードサービスは、保険会社ごとにサービス内容が異なりますが、実際のロードサービスのサービス内容を事前によく理解していないと、交通事故に遭ったり自損事故を起こした場合、クルマやバイクが故障して運転できなくなってしまった場合など、トラブルが発生してロードサービスのサポートを受けようとした時に「サービス対象外」「こんなハズじゃなかった!」と、初めて気付く場合があります。任意保険付属のロードサービスのメリットとデメリットは以下の様な内容です。

メリット

  • 任意保険の保険料に付属しているので割安感があり、面倒な手続きが必要ない。
  • 保険会社によっては、トラブル発生時の宿泊費や交通費等も保険の対象となり、関連サービスが充実している。
  • 事故などでレッカー移動した場合、無料対応のレッカー移動距離が長い。

デメリット(保険会社によって異なります)

  • 事故が起きた時だけの利用で、自宅の駐車場でバッテリー上がりになった場合などの救援は、サービス対象外となってしまう。
  • 夜間や深夜・早朝は、本業以外の人が来る場合があり心配。
  • 任意保険料値上げの隠れた要因になっている。
  • 提携工場が契約しており、救助業務が本業ではない整備工場の人などが来る。
  • タイヤパンク時のタイヤ交換作業は対象外。
  • 車内やトランクへのキーの閉じ込み(インロック)時の鍵開け開錠作業はサービス対象外。
  • 燃料切れ(ガス欠)はサービス対象外。
  • 高速道路のレッカー移動は対象外。
  • 雪道で動けなくなっても来てくれない(約款で確認要)。
  • 事故の時にしかレッカー移動サービスを受けられないケースも(故障はレッカー料金が有料)。
  • 保険に加入している車以外はサービス対象外。
自動車・オートバイ・原付バイクのロードサービス(バッテリー上がり~レッカー移動/鍵の紛失・鍵作成/フロントガラス交換)日本全国24時間365日緊急サービス

生活トラブルSOSの自動車・オートバイ・原付バイクのロードサービスは、地域密着型のフランチャイズ展開で、それぞれの地域に根ざしたスタッフの育成と次世代へ継承できる高度な技術を全国対応24時間体制で、車両トラブルでお困りのお客様を救援サポートしております。

各種オイル漏れ、冷却水の補充・オーバーヒート・ダイナモ・ヒューズ取替えなどの故障は、路上ならレッカー移動で、最寄のディーラー又は整備工場まで安全に運送します。バッテリー上がりは現地でジャンピング作業でエンジン始動、現地に出張してのバッテリー交換もお任せ下さい。タイヤパンク時はスペアタイヤへのタイヤ交換も対応しております。また、燃料切れ(ガス欠)で走行できなくなった場合は、補充用のガソリン・燃料を配達します。

年間契約等、事前の面倒な手続きはありません。自動車・オートバイ・原付バイクのトラブルでお困りの際は、お電話で状況を確認と大体の料金をお伝えして現地に急行して救援作業を行います。専門オペレーターが懇切丁寧にご案内させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

生活トラブルSOS(緊急出張修理サービス)