イモビライザー装着車両の見分け方とイモビライザーの機能

イモビライザー装着車両の見分け方とイモビライザーの機能

自動車・トラック・オートバイなど、盗難防止装置としてイモビライザーシステムを装備している車両が増えてきました。一部の車両では新車購入時の標準装備になっている車種もあります。

日本ではまだイモビライザー装備が義務化されていませんが、ヨーロッパでは、1997年にイモビライザーの装着が義務付けられています。今後は車両の盗難防止装置として、日本でもイモビライザー装備車両が増えていくと思われます。

イモビライザーキーを紛失された場合は、ブランクキーを加工して鍵穴からキー本体を作製するだけでなく、専用の機器でID登録が必要ですので、イモビライザーキーの鍵作製に対応していない鍵屋さんも多いです。

生活トラブルSOSでは、イモビライザー装着車のインロックや鍵を紛失された場合でも、鍵トラブルでお困りのお客様のいらっしゃる現地に出張して、現地にて鍵穴から鍵を作製して、イモビライザー登録も対応しております。イモビライザー装着車のインロックや鍵紛失でお困りの際も、お気軽にお電話ください。(全国対応ですが、地域やメーカー、車種、型式、年式等により、イモビライザー装備車に対応できない場合もございますので、詳しくはお電話の際にお問合せ下さい。)

イモビライザーの機能

イモビライザーの機能

イモビライザーが装着されていない一般の車両の鍵は、キーとシリンダー噛み合わせが物理的に合っていれば、エンジンをかけることができます。

イモビライザーは、車両側コントローラのIDコードとキーに埋め込まれたトランスポンダ(電子チップ)のIDコードを電子的に照合して、双方のIDコードが一致した場合のみエンジンをかけることができます。双方のIDが一致しない場合は、エンジンがかからない仕組みになっていますので、キーを複製しただけではエンジンをかけることができません。

イモビライザー装着車両の見分け方

イモビライザー装着車両の見分け方

日本ではイモビライザーキーが一般的でない為、ご自分が運転しているクルマがイモビライザー装着車かどうか分からないお客様もいらっしゃいます。

イモビライザー装着車両の見分け方としては、主に2通りの方法があります。

メーターまわりのインジケーターランプで見分ける

イグニッションにキーを差していない状態で点灯または点滅し、イモビ登録されたキーを差すとランプが消灯するのが一般的です。

イモビライザーステッカーで見分ける

イモビライザー装着を示すステッカーが窓などに貼ってある車種もあります。

生活トラブルSOS(緊急出張修理サービス)