空き巣の侵入手口と防犯対策注意点、具体的な対策で自己防衛

空き巣の侵入手口

空き巣の侵入手口

ピッキング

鍵開け・開錠用の特殊工具(ピックツール)を鍵穴に差し込んで、鍵を使わず鍵穴も破壊しないで鍵を開錠してしまう手口。正規の鍵で開錠した様に鍵を特殊工具で開けてしまう為、何の痕跡も残しません。空き巣・ストーカーが室内に侵入中に帰宅した場合、犯人とバッタリ出くわして、傷害などの別の犯罪に巻き込まれるケースもあり大変危険です。

ディンプルキーや最近のギザギザキーは、ピッキング対策されておりますので、ピッキング被害に遭い難い為、古いタイプの鍵をご使用の場合は、鍵のシリンダー交換を検討して、早めのピッキング対策をお勧めします。

サムターン回し

ドアポストを破壊して、ポストの口から腕を入れてサムターンを回したり、ドアスコープを取り外した穴やドリルでドアに穴を開け、その穴から棒を差し込んで、鍵のサムターンを回してドアを開ける手口。室内への侵入方法としては、ピッキングの様に特殊な技術が必要ないため、サムターン回しの対策をするかしないかで、犯罪に遭う可能性が変わってきます。

錠破り

ドアの隙間にバールを差し込んで、強引に錠前を破壊してしまう手口。ドアや鍵のタイプにもよりますが、場合によっては短時間でドアをこじ開けられてしまうケースもあります。

ガラス破り

ガラス窓のクレセント(施錠装置)付近のガラスを割って鍵のロックを解除する手口。最近のサッシは、防犯対策として補助ロックが付いているタイプや破壊しにくい防犯ガラスが使われる場合も多いです。

カム送り開錠

シリンダー錠の隙間から特殊な工具を差し込んで、錠ケース内の部品を強制的に移動させて開錠する手口。具体的には、「ケース」の中の「カム」と呼ばれる部品を回転させて開錠する方法です。カム送りは、鍵穴に工具を差し込まない為、侵入に気付かない恐れがあると言われています。


防犯対策注意点、具体的な対策で自己防衛

補助錠を取り付けて1ドア2ロック

玄関錠の対策:補助錠を取り付けて1ドア2ロック

玄関ドアに補助錠を取り付けて「1ドア2ロック」にすると、ピッキングだけでなくサムターン回しや破錠などの侵入手口に有効です。空き巣や泥棒は、開錠に時間がかかることを好みませんので、補助錠の追加取付は、玄関ドアの防犯対策として大変有効です。

ガラス破り対策:割れない防犯ガラスで強化・補助錠追加

ガラス破りの侵入手口の場合、空き巣は窓の中央部のクレセント錠を狙って、ガラス窓を割り開錠します。最近のサッシは、補助錠が付いているものも多くなりましたが、サッシが古く補助錠が付いていない場合は、比較的安く後付できる補助錠もあり、取り付けも簡単にできます。

戸締り施錠忘れ~施錠の習慣付け

空き巣は戸締りをしていなかったり、鍵が付いていないところからも侵入しています。ゴミ出しなどで、ほんの少しの間でも外出する際は、施錠する習慣を付けましょう。トイレや浴室の窓など、鍵をかけ忘れがちなドアの施錠にも注意が必要です。

不在を悟られない工夫

新聞や郵便物、チラシなどがポストから溢れていると、誰が見ても留守にしていることが分かってしまいます。旅行や出張で長い間留守にする場合は、新聞の配達を停止し、留守であることを気付かれないようにしましょう。

生活トラブルSOS(緊急出張修理サービス)