バッテリー上がりが起きた時の状態とバッテリー交換の目安と判断

バッテリー上がり救援に24時間全国出張対応

バッテリー上がりは、ヘッドライトやスモールランプ、室内灯の消し忘れ、半ドアでドアを閉めてしまった場合の室内灯の点きっ放し、そして利用しなかった時などに良く発生します。

バッテリーをエンジンがかからなくなる程に放電させてバッテリー上がりを起こしてしまうと、バッテリー内部の電極などの部品を極端に劣化させてしまいます。バッテリーが新品に近い場合やバッテリー交換後1~2年以内であれば、バッテリー上がり後に十分に充電すれば、殆どの場合そのまま継続して使用を続けることが可能です。

バッテリー交換後2年~3年以上経っている場合

バッテリー上がりを何回も繰り返していたり、前回バッテリー交換してから2年~3年以上経っている場合や、暫く走った後でもヘッドライトがアイドリング時に暗く感じたり、ウィンカーの点滅と同期して暗くなる場合は、バッテリーが劣化して寿命が近くに迫っている目安ですので、早急にバッテリー交換をする必要があります。

クルマ用のバッテリーは一般的に、スターターバッテリーまたはクランキングバッテリーと呼ばれていますが、エンジン始動時にセルモーターを動かすため、瞬間的に大きな電流を供給できる様に作られています。エンジンがかかれば、オルタネーター(発電装置)で充電され、走行中は満充電に近い状態が維持されます。しかし、バッテリー上がりでダメージを受けていると、その能力が極端に低下してしまいます。

日頃のクルマの使用環境も影響しますが、バッテリーを交換してから2~3年以上経過している状態で、過放電してしまいバッテリー上がりを起こした場合は、ダメージを受けてバッテリーの劣化が一気に進んでしまいます。ライト類に暗さを感じたり、パワーウィンドウの動作が重々しく感じた場合は、バッテリー交換時期が間近に迫っていますので、バッテリー上がりを機会に新品のバッテリーに交換を判断されることをお勧めします。

バッテリーの劣化状態の正確な判断

バッテリーの劣化状態を正確に判断する場合は、専用の機器を使用して放電と充電を行い、液温や電圧の変化、ガスの発生量、充電した後の比重などを測定して判断する方法もありますが、バッテリーの電圧不足を感じる症状が出ている場合は、突然のバッテリー上がりで困らない様に、早目にバッテリーを新しいものに交換して下さい。


クルマは様々なところで電気を使用しています。新品のバッテリーに交換するだけで、オーディオの音質が良くなったり、エンジンの調子が良くなることもまります。

バッテリー上がり出張救援・出張バッテリー交換にも対応
生活トラブルSOS(緊急出張修理サービス)