バッテリーの寿命が近付いている時の主な症状

自動車・バイクのバッテリーは、普通の電気製品で使用されている乾電池と同じ様に消耗品です。放電してもエンジンをかけて走行することによって充電されますが、消耗品ですので寿命があります。バッテリーは放電と充電を繰り返していますが、バッテリーの消耗は徐々に進んでいます。なかなか実感することはできませんが、バッテリーの寿命は使用状況に左右されます。一般的に2~5年で寿命を迎えることが多いと言われています。

乗る機会が少ない自動車・バイクや、近所のお店への買い物に限られる「チョイ乗り」、夜間走行中心の場合は、極端に寿命が短くなり、バッテリーの交換時期が早まる場合が多いです。

自動車・バイクのバッテリーが消耗し、バッテリーの寿命が近付いているサインとして、その症状を知っておくことが大切です。症状を知っておくことで、早めにバッテリーの補充電やバッテリー交換などの対処を行えますので、突然のバッテリー上がりや、お出かけ先でのバッテリー上がりを回避することが出来ます。

バッテリー上がり救援に24時間全国出張対応

バッテリーの寿命が近付いている時の主な症状

1. エンジンを始動させる時、セルモーターの回りが重くなってくる。

エンジンを始動させる時のセルモーターの回転音の間隔が長くなってきたり、重々しくなってきたら、バッテリーが弱って来ている状態です。バッテリーが上がってしまうと、パワーが弱くなり「カチッカチッ」という様な音だけしてエンジンがかからなくなります。

スモールランプ・ヘッドランプ、半ドアによるルームランプの消し忘れなど、単に放電によるバッテリー上がりの場合は、バッテリーを充電すればある程度バッテリーは回復します。バッテリーの寿命でなければ、エンジン始動後に30分程度走行すれば、バッテリーは当分の間は使用できる様になります。

2. ウィンカーやパワーウィンドウなどの電気系機能が低下してくる。

 ヘッドライト・ウィンカーやパワーウィンドウなどの調子が悪くなってきます。

  • ウィンカーを点滅させると、メーターパネルの表示灯がウィンカーに連動して明るさが変わる。
  • 信号待ちで停車した時(エンジンの回転数が低い時)、ヘッドライトが暗くなる。
  • パワーウィンドウの動きが遅い。
  • エンジンの回転数に連動して表示パネルの明るさも変わってしまう。
  • アクセルの踏み加減でライトの明るさが変わる。

3. バッテリーの外観

  • バッテリー液が少ない。補充してもすぐに液が減ってしまう。
  • バッテリーの側面が膨らんでいる。
  • バッテリーの端子付近に粉がふいている。
  • バッテリーの天板にバッテリー液が漏れている。

密閉タイプのバッテリーは、液の量を確認できないため、もし上記のような症状があった場合は、修理工場やスタンドで電圧や容量を点検してもらいましょう。

また、暖かな地域から寒冷地に引っ越した場合や、新たに電装品を取り付けた場合は、バッテリーの寿命が近付いていると、バッテリー上がりになりやすいので注意が必要です。

バッテリー上がり出張救援・出張バッテリー交換にも対応
生活トラブルSOS(緊急出張修理サービス)