バッテリー上がり原因の人為的要因と機械的要因

バッテリー上がり

バッテリー上がりの原因には、夏や冬などにエアコンを良く使用する季節に、渋滞やチョイ乗りが多く、充電する電力より消費電力が上回ってしまった場合や、ルームランプの消し忘れ、半ドアによるルームランプ点灯状態での長時間放置、ヘッドライト・スモールライトの消し忘れで起きる場合が多いです。また、バッテリーは使用していない時でも、電装品や計器類が電力を消費して放電していますので、バッテリーが劣化して寿命が近付いている状態で何日も乗らないでいると、やはりバッテリーが上がってしまいます。

これからクルマを使って外出するという時にバッテリー上がりでエンジンがかからない、外出先の駐車場でこれから急いで帰ろうとした時にエンジンが始動できないで、寂しい経験をされた方もいらっしゃると思います。

バッテリー上がりの原因は、大別すると人為的要因と機械的要因に分けられます。機械的要因は経年による劣化やバッテリー自体の寿命、クルマの充電機能の故障などです。

人為的なバッテリー上がりの原因は、ヘッドライト・スモールライトの消し忘れ、半ドアによるルームランプの点灯といった要因が考えられます。ライト類は消し忘れた時にアラーム音などで教えてくれますが、クルマを降りる時に、ついうっかりしてライトを消し忘れたり、半ドアのままになってしまう様です。

この様な人為的要因のバッテリー上がりを防ぐためには、ヘッドライト・スモールライトなどの点け忘れを防止するために、エンジンを止める前にライトやエアコン、オーディオなどのスイッチを全てOFFにする様に自分で決まりを作って、毎回自然に体が動く様にしてしまうのが良いと思います。また、日頃から半ドアを防止するためにドアをロックする時には、ドアの閉まり具合を確認して必ずキーを使用してロックするよう習慣付けるのも良いと思います。

機械的な要因でバッテリーが上がる場合は、

  • セルやクラクションの音が弱々しくなる。
  • パワーウィンドウの動作が鈍くなる。
  • エンジンの回転数が低い時にライトやメーターパネルが暗くなる。
  • ウィンカーの点滅に同期して、ライトやメーターパネルが暗くなる。

などの前兆がありますので、バッテリーの充電やバッテリー交換で事前に対処することが可能ですが、人為的要因のバッテリー上がりは突然起きてしまいます。基本動作を習慣付ければ、人為的な要因によるバッテリー上がりを防ぐことができますので、急なトラブルで慌てることはなくなります。

生活トラブルSOS(緊急出張修理サービス)