クルマ・バイクのバッテリーは日頃の乗り方次第で大きく寿命が変わる。

バッテリー上がり

クルマやバイクのバッテリーは、常に満充電状態を常に保つことで、バッテリーの寿命が長くなり、バッテリーを長持ちさせる一番の秘訣です。バッテリーは、走行している時やエンジンがかかっている時に充電装置で充電されています。

毎日クルマやバイクを使用していても、近所のお店への買物などでチョイ乗りが多い状態では、エンジン始動に多くの電力が必要ですが、充電時間が短いため充電量より放電量の方が大きくなってしまいます。チョイ乗りが多い場合は、バッテリーが慢性的な充電不足状態が続き、バッテリーの寿命が短くなってしまいます。

バッテリーの満充電状態を保つ方法

  • 電力を多く消費するエンジン始動時にバッテリーへの負荷を軽減させる。
    エアコンやライト、AV機器OFFにした状態でエンジンを始動する。
  • エンジン停止状態でライトを点灯したり、オーディオを使用しない。
  • 消費電力が大きい電装品やAV機器を後付けした場合は、バッテリー容量をアップする。

バッテリー上がりを起こしやすい状態

  • チョイ乗りが多く、走行距離が短い。
  • AV機器や電装品を後付けした時にバッテリー容量をアップしていない。
  • 渋滞道路の走行が多い、
  • 夜間のヘッドライトを点灯した状態での走行が多い。

バッテリーの寿命を長くする回復方法

クルマやバイクに毎日に乗っていても、近所への買い物や送迎など、チョイ乗りばかりで1回ごとの走行距離が短い場合は、バッテリーの充電量よりも放電量が多くなり、どうしてもバッテリーが弱くなり易い傾向にあります。「電力を消費する装備の電力消費を抑える」「エンジンがかかっている時間を長くする」などの対策で、バッテリーの寿命を回復することができます。

  • 夜間、停止した時にヘッドライトをスモールライトにする。
  • 信号待ちなどで停止時間が長くなる時は、フットブレーキを離してサイドブレーキを使用する。
  • 暖機運転エンジンを長くする。(3~5分程度)

などのバッテリーの寿命を回復させる方法がありますが、長期間乗らない場合は、放電を抑える為に-端子を外しておく方法も効果的です。(+端子と間違わない様に注意)

但し、-端子を外すとオーディオや時計などのメモリがリセットされますので、 -端子を元に戻した時に時刻などを再設定する必要があります。

生活トラブルSOS(緊急出張修理サービス)